自分に合ったランドセルを探しましょう

一昔前までは男の子は黒、女の子は赤、というのが定番だった小学生のシンボルだったランドセル。最近では様々なカラーやデザイン、個性的なブランドからオリジナルのこだわりが詰められるオーダー品まで、多種多様な商品が出回るようになっています。小学校に上がる大事な節目に、祖父母からのプレゼント、入学祝い、としても贈られることから、価格帯も一気に上昇して数万円は当たり前、というラインもあれば、大手スーパーや百貨店が独自に展開するプライベートブランドで一万円台から買えるものもあり、選択の幅が広がっています。我が子にとってどのような基準で選んだらいいかは親にとって頭の痛い問題です。種類が豊富な分、決定するのが困難になってしまっています。自分に合った、とはいったい何を基準に考えればいいのか、詳しく見ていきましょう。

身体にとって負担のないものを選ぼう

ランドセルはもともと通学時の子供の安全を守るという意味で考えられたといわれています。両手を使うことができ、重い教科書でも背負うことで運びやすく、しっかりとした素材やクッション性で、万が一の衝撃にも耐えられるようにできています。決しておしゃれのためのものではないので、まずは作りがしっかりしているかを確認しておきましょう。学校によっては高学年になると好きなカバンで登校することが許されている場合があります。耐久性は高いに越したことはありませんが、高学年までの3年間とフルで使う6年間では倍も違いますので、学校に確認をしておくと購入予算を立てるときに考慮できます。6年間使う場合は、体格も変わりますので、ベルト調整ができることや、1年生でも負担なく軽い素材であることもポイントです。

子供が気に入ったものを選びましょう

かわいいパステルカラーやおしゃれな刺繍やラインストーンなど、女の子は特にデザインにこだわったものを選ぶ傾向にあります。親としては、長い間使うものだから好みや趣味が変わることを懸念して躊躇したくなることも。しかし、実際に背負って登校するのはお子さんなので、あまりにも奇抜なものでなければ好きなものを選んであげましょう。新1年生になるというのは、子供にとって強いあこがれと希望溢れる出来事です。ピカピカのランドセルで校門をくぐることが何よりも待ち遠しいのです。そんな思いを大切に、一緒にぴったりのものを選んであげましょう。そして、どんなランドセルの子が学校にいたとしても、それはその子が一生懸命に選んだものなのだから尊重してあげることを教えてあげるようにしてください。