ランドセルの正しい選び方を解説します

小学一年生から六年間大切に使うランドセルはどんな風に選べばいいのでしょうか。小さな体で背負う時期はふらふらしていて心配ですが、成長するにつれてそれほど不安もなくしっかりと背負えるようになります。大事な点はたくさんありますが、背負いやすいかどうか、そして丈夫で耐久性があるかどうかは最低限見ておきたい部分となります。使われている素材が違うと値段も違いますが、重さそのものも変わってきます。見た目の大きさは変わらなくても、本革素材の方が重くなりますので、用意する時には全体の大きさだけではなくて重量についても目を向けてみて下さい。可能であれば、お子さん自身に背負ってもらって、実際に背負ってみてよい感触かどうかを聞いた方が失敗も少なくなるでしょう。

教科書類を快適に入れられるかどうか

ランドセルに毎日たくさんの教科書やノート、筆箱などを入れていきますので、当然必要な分が入るかどうかは重要なポイントとなります。近年は教科書も大きくなってきているところが多いですから、A4サイズが過不足なく入れられるものであればほぼ安心して利用する事ができます。節約して以前の型番などから探す時には、たっぷり余裕があるサイズかどうか見ておきましょう。また、休職袋なども入れたりしますのでフックが付いているかどうかなど、細かい部分もどれぐらい入りそうか見ておいて下さい。入れたら開けなくてはいけませんから、開閉する時に動作がスムーズにできるかも動かしてみましょう。案外難しく感じたりする事もありますので、大人だけでなく子供にも障ってもらって確認して欲しいポイントです。

長く使っていく時に大切なこととは

重さの確認をして実際に背負ってみたり、背中に当たるクッションやベルト部分の確認もすれば、後は好みの色かどうかも聞いてあげるとよいでしょう。昔はそれこそ男の子は黒、女の子は赤と決まっていましたが、近年はパステルカラーなどカラフルな色味もありますし、好きな色を選んで楽しみながら学校に通っている子供さんたちが多いです。自分だけのものという気持ちを持ってもらうには、やはり好きな色かどうかは重要なことですから、ぜひ確認してあげて下さい。そして、案外見落としがちな保証についてですが、条件が厳しいお店もありますので、いざという時に修理が必要になったという時のために、なるべく長くて頼れる保証つきのお店を選ぶようにするのも安心できるランドセルを選ぶのに大事なこととなります。